2021年11月25日木曜日

ことのはロビーコンサート2021 1/16、3/13追加募集

 新型コロナウイルス感染症対策の徳島県の方針に基づき、イベント開催制限が緩和されたため、第5回と第6回のことのはロビーコンサートについて、追加募集をいたします。

・第5回 1/16
・第6回 3/13

《 要申し込み 》
郵便番号・住所・氏名・電話番号・「〇月〇日 ロビーコンサート希望」と明記し、はがき・ファックス・メールのいずれかでお申し込みください。 当館1階受付でも申し込めます。お申し込みの方に、整理券をお送りします。

住所:〒770-0807  徳島市中前川町2-22-1
TEL:088-625-7485
FAX:088-625-7540
E-mail:kotonoha@bungakushodo.jp


2021年11月17日水曜日

第6回 書道創作グランプリ-手本のない“実力”作品展

徳島県内の小学4年生から高校生までの書道創作コンクール。
予選通過者を対象に10月30日、31日に行われた本選の作品展です。
本選当日に発表された課題を、お手本なしに仕上げた作品をご覧ください。

とき / 2021年11月27日(土)~ 12月5日(日) 午前9時30分~午後5時
    月曜休館
ところ / 1階 ギャラリー  入場無料
表彰式 / 12月5日(日)

受賞者はこちら




















2021年11月11日木曜日

瀬戸内寂聴さんのご逝去について

徳島市出身の作家で当館名誉館長の瀬戸内寂聴さんが令和3年11月9日、心不全のためご逝去されました。100歳まであと半年というところでした。

瀬戸内さんは『場所』(野間文芸賞受賞)などの小説やエッセイ集を400冊余り刊行したほか、51歳での出家後には、全10巻に上る「源氏物語」現代語訳の偉業を成し遂げ、2006年に文化勲章を受章しました。また、04年から10年間、当館館長を務めるなど、古里・徳島の文化振興にも大きな足跡を残しました。
人の何倍も生き、人の何倍も書いた瀬戸内さんの業績を偲び、謹んでご冥福をお祈りいたします。
当館3階には、瀬戸内さんの生涯や作品を展示し、京都・嵯峨野の「寂庵」の書斎を模した「瀬戸内寂聴記念室」を設置しておりますので、ぜひご観覧いただき、在りし日の瀬戸内さんをお偲びいただければ幸いです。


瀬戸内寂聴さんのご逝去について

徳島市出身の作家で当館名誉館長の瀬戸内寂聴さんが11月9日、心不全のためご逝去されました。100歳まであと半年というところでした。
瀬戸内さんは『場所』(野間文芸賞受賞)などの小説やエッセイ集を400冊余り刊行したほか、51歳での出家後には、全10巻に上る「源氏物語」現代語訳の偉業を成し遂げ、2006年に文化勲章を受章しました。また、04年から10年間、当館館長を務めるなど、古里・徳島の文化振興にも大きな足跡を残しました。
人の何倍も生き、人の何倍も書いた瀬戸内さんの業績を偲び、謹んでご冥福をお祈りいたします。
当館では、12日(金)から21日(日)まで1階ロビーに記帳所を設けるほか、3階の瀬戸内寂聴記念室を同期間、無料開放しています。この機会にぜひご観覧いただき、在りし日の寂聴さんをお偲びいただければ幸いです。


2021年11月3日水曜日

11/3~11/21 とくしま文化推進期間・関西文化の日

 11/3(水・祝)~11/21(日)の期間中、3階 常設展示室(文学常設展示室・書道美術常設展示室・瀬戸内寂聴記念室・収蔵展示室)を無料でご覧いただけます。

関西文化の日サイト

新型コロナウィルス感染防止に配慮した徳島県立文学書道館の利用について

日頃は、徳島県立文学書道館をご利用いただき、ありがとうございます。
新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、施設のご利用にあたっては、次のとおり、皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

1 発熱や風邪の症状がある方は、ご来館をお控えくださいますようお願いいたします。
2 入館時には、手指消毒を行ってください。
3 館内では、常にマスクを着用してください。
4 スマホをお持ちの方は、接触確認アプリ「COCOA」「とくしまコロナお知らせシス
  テム」をご活用ください。
5 講座室、実習室等をご利用の主催者は、感染者の利用が確認された場合に備えて、参加
  者全員の連絡先を把握してください。
6 講座室、実習室については、「密閉」を防ぐため、換気扇を作動し、ドアや窓を開ける
  など、換気にご留意ください。
7 希望者には、非接触体温計を貸し出しています。






(2021/4/23公開)
Copyright (C) 徳島県立文学書道館 All Rights Reserved.