2019年4月25日木曜日

4/3~6/16 春・夏の収蔵品展 少字数の書

当館の所蔵作品のうち、1字から3字までの少字数の書19点を展示します。
少字数書は、観る人に視覚的に強い印象を与えるとともに、題材の漢字や語句の意味が、文字の造形とともに伝わりやすいという特長があります。字形・墨色・線の違いなどによってさまざまな表情を見せる少字数書をご鑑賞ください。
このほか、“幕末の三筆” 貫名菘翁(ぬきな すうおう)の作品も紹介します。

2019年4月11日木曜日

5/18 声優と高校生の朗読会 -三谷晴美「ふりそでマリア」を読む

「寂聴の少女小説-三谷晴美と憧れの挿絵画家たち」関連イベント

 「ふりそでマリア」は瀬戸内寂聴が幼少期の本名・三谷晴美のペンネームを用いて少女小説を書いていた頃の代表作で、江戸時代初期、キリシタンへの弾圧にめげず、信者たちが心をひとつにして信仰を貫く物語です。
鳴門市出身で、現在東京で活躍中の声優・田毎(たごと)なつみさんを講師に迎え、高校生と一緒に「ふりそでマリア」を朗読します。

5/11 展示解説+吉野川クルーズ+「モラエス恋遍路」鑑賞

「寂聴の少女小説-三谷晴美と憧れの挿絵画家たち」関連イベント

 展示解説と、吉野川クルーズを利用して、阿波十郎兵衛屋敷で寂聴原作の人形浄瑠璃「モラエス恋遍路」を鑑賞します(要 文学書道館観覧券、クルーズ代、阿波十郎兵衛屋敷入館料)。
「モラエス恋遍路」はこの日だけの特別上演です。

 14:00 文学書道館集合-寂聴桟橋から吉野川クルーズ-16:00 阿波十郎兵衛屋敷で「モラエス恋遍路」鑑賞-現地解散 17:00頃
※雨天の場合、吉野川クルーズは中止し、バスを利用します。

下記の項目をご記入のうえ、はがき、FAX、メールのいずれかでお申し込みください。当館1回の受付でも申し込めます。
・イベント名「5/11 展示解説+吉野川クルーズ+モラエス恋遍路鑑賞」 ・郵便番号 ・住所 ・氏名(ふりがな) ・年齢 ・電話番号(中止などの緊急連絡に必要ですのでご記入ください)

4/27 展示解説+新町川クルーズ+まち歩き

「寂聴の少女小説-三谷晴美と憧れの挿絵画家たち」関連イベント

 展覧会の展示解説と、新町川クルーズを利用して寂聴ゆかりの場所を巡ります(要観覧券)

9:15 徳島駅集合-9:30 文学書道館-寂聴桟橋より乗船・新町川クルーズ-生誕地-文化勲章記念碑ICCHORA-瀬戸内神仏具店-阿波おどり会館 12:00頃解散
※まち歩きの時間は1時間30分程度です

下記の項目をご記入のうえ、はがき、FAX、メールのいずれかでお申し込みください。当館1回の受付でも申し込めます。
・イベント名「4/27 展示解説+新町川クルーズ+まち歩き」 ・郵便番号 ・住所 ・氏名(ふりがな) ・年齢 ・電話番号(中止などの緊急連絡に必要ですのでご記入ください)

4/20 講演会「叙情画家 蕗谷虹児」+展示解説

「寂聴の少女小説-三谷晴美と憧れの挿絵画家たち」関連イベント

「金襴緞子の帯しめながら・・・」の童謡でも知られる、 画家・詩人の 蕗谷虹児の三男・蕗谷龍夫氏の講演会。併せて、龍夫氏による蕗谷虹児「花嫁」などの画の展示解説もあります(要観覧券)。

下記の項目をご記入のうえ、はがき、FAX、メールのいずれかでお申し込みください。当館1回の受付でも申し込めます。
・イベント名「蕗谷虹児講演会」 ・郵便番号 ・住所 ・氏名(ふりがな) ・年齢 ・電話番号(中止などの緊急連絡に必要ですのでご記入ください)

Copyright (C) 徳島県立文学書道館 All Rights Reserved.